工事を早めるのは危険? なるべく業者のスケジュールに合わせよう!

未分類

解体工事を行う際に、なるべく不要なものを解体する以上、費用は抑えたいですよね?

しかし、費用を抑えることを意識して、 解体工事を実施するまでの業者の手間を減らして費用を抑えようとするのは危険です。

本記事では、解体工事の際に業者の手間を減らすことの危険性についてまとめていきます。

なぜ工事を早めるのが危険なの?

当然、解体業者からすると1人の依頼に対する解体工事の準備や当日の作業が少なければ少ない分、工事にかかる費用は少なくなります。

しかし、費用を抑えることを優先していい加減な工事になると、安全面に大きな不安が残ってしまいます。

まだ依頼人と解体業者間だけの問題で済めばいいですが、十分な対応をしなかったために、解体工事の当日に、工事中事故で第三者を巻き込んでしまうと、その責任は依頼人にも降りかかる場合があります。

できる限り、時間的余裕を確保した上で早めに解体工事の相談をして、解体業者のスケジュールに合わせて、余裕をもって解体工事を行ってもらえるようにしましょう。

その方がお互いゆとりがあるために、抜けてしまっている部分を見つけて修正していく時間もできるため、より安全に解体工事が行いやすくなります。

着工を急がなくてはいけない場合には、設備が整った、実績のある業者を見つけることを優先した方がよいといえます。一括査定サイトなどの見積もりを元に値段だけで決めるのではなく、業者選びのコンシェルジュサービスなどを使うのも、ひとつ選択肢に入れてもよいかもしれません。

解体業者側から短い期間で見積もられることも?

解体業者のスケジュールに合わせることは大切ですが、解体業者側から提示された工事期間が短い場合、もし見積もられた費用が安かったら、悪徳業者である可能性があります。

あまり解体工事だからお金をかけたくないと激安の業者を選んでしまうと、無理な突貫工事や必要最小限の作業員しか確保しないという安全性に欠ける部分が多々見られ、トラブルの原因となってしまます。

こういった業者は、他にも不法投棄や工事中や工事後に追加費用を請求したり、酷い解体業者だと工事を途中で投げ出すようなこともあります。

もし怪しさを感じたら疑いの目を持って見つつ、保険として別の業者に依頼してみることが大切です。また、疑いの目を持てるようになるためにも、解体工事費用の相場を自分なりに調べておくこともおすすめします。

比較サイトの中でも、「自治体からの許可を得ている」「保険に加盟している」などの条件を満たした業者しか加盟できないサービスを使うことも安心につながります。

まとめ

解体工事を行う際は、解体工事の期間を短くしようとすると、どこかでトラブルの元になり、最悪第三者にも被害が及びます。

逆に、解体業者側から短い期間で見積もりが提示されるようなこともあります。

なるべく安全な工事を心掛けるためにも、時間には余裕をもって相談を持ち掛けるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました