どうやって抑える? 解体工事で節税ができる?

未分類

解体工事を行う際に、なるべく不要なものを解体する以上、費用は抑えたいですよね?

解体工事を行うと、そのまま解体した建物のあった土地を使う予定がなければ売却することになりますが、解体工事の扱いによっては節税して節約することが可能です。

そこで本記事では、解体工事の際の節税によって節約する方法についてまとめていきます。

解体工事の際の節税によって節約する方法は?

結論から言うと、解体工事の目的が土地の売却のためだと立証されると節税できる可能性があります。

土地を売却するとその売却益が所得となるため、譲渡所得税が求められます。

譲渡所得税とは

譲渡所得税は、土地の売却によって得た所得から土地の譲渡によってかかった費用を差し引いた額に対してかけられます。

土地の譲渡によってかかる費用というのは、不動産会社に支払う仲介手数料であったり、土地の登記の費用、契約書の印紙代などが代表として挙げられます。

もし解体工事も土地の譲渡の費用として認められた場合は、その分も譲渡所得から控除することができるようになります。

土地の売却に関係がある解体工事だという因果関係をしっかり裏付けることが求められます。

因果関係について

この因果関係には期間的なものも関わってきて、解体工事と土地の売却の日付が半年以内に行われていた場合は、因果関係が認められるケースがほとんどです。

この日付の定義については、解体工事は解体業者と工事前に契約した際に記載された契約書などの日付と考えられ、土地の売却は不動産会社と売却契約を交わした際に記載された契約書などの日付と考えられています。

注意点

ここで注意が必要なのが、きちんとした解体業者であれば、譲渡所得税によって情報を知るために書面を提示してくれます。

もし提示してこない解体業者だった場合は、何かしら誤魔化したい事情を抱えた業者となるため、少し注意の目を持って対応していった方がいいでしょう。

まとめ

解体工事を行う際に、解体工事を土地の売却という目的で行っていると認められた場合、土地の売却にかかる譲渡所得税だけでなく、解体工事の費用分も節税される可能性があります。

これを証明するのに、解体工事と土地の売却の日付の証明ができる契約書などが必要となるので、解体業者側でしっかり管理し、依頼人側でしっかり確認できる体制を作っておくと同時に、情報開示の請求がしやすい関係作りに努めるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました